カンジタ症とは

カンジタ症は一種類ではありません

カンジタ症は「カンジタ・アルビカンス」というカビによる感染症です。このカビは酵母菌、いわゆるイースト菌の一種で、元来、人の口腔粘膜や腸管の内に住んでいる常在菌のひとつです。

これがたまたま皮膚や粘膜に付着して増殖すると、皮膚のカンジタ症になります。このカビは水虫などの白癬菌とは異なり、体の内部に侵入する力があります。そのために免疫機能の低下がある時には全身に増殖して、重篤な病気になることがあります。

皮膚のカンジタ症は乳幼児の首や外陰部、または長期間体を動かせない人の仙骨部、陰股部など、じくじくした状態が長く続く場合にできやすくなります。また、副腎皮質ホルモン外用薬を長期間使用している場合にもできやすくなります。

この病気は白癬と同じようにカビの増殖した部位により、症状が異なるので、それぞれ異なった病名が付けられています。いわゆるおむつかぶれといわれる「乳児寄生菌性紅斑(にゅうじきせいきんせいこうはん)」、性感染のひとつに入っている「外陰部カンジタ症」、口の中に発症する「口腔カンジタ症」、

新しいタイプの「丘疹性カンジタ症」、内臓にも増殖する「全身性カンジタ症」などがあります。

それぞれ、原因も症状の現れ方も違ってくるので「単なるあせも」と市販の外用薬を塗ったら悪化してしまったというケースもあるので、自己判断せずに病院に行ってきちんと診察してもらいましょう。

食品系 お試しセット