乳児寄生菌性紅斑

  • HOME > 乳児寄生菌性紅斑

乳児寄生菌性紅斑はいわゆる「おむつかぶれ」の一種

乳児寄生菌性紅斑(にゅうじきせいきんせいこうはん)はいわゆる「おむつかぶれ」の一種です。湿ったおむつをつけっ放しにしたり、激しい下痢が続いた場合などにできやすく、おむつの当たっている部分を中心に、皮膚に赤いボツボツの斑点ができ、それがジクジクし、皮がむけて、びらん面になります。

症状の現れ方としては、陰股部(いんこぶ)、臀部(でんぶ)などおむつの部分に多いのですが、頸部やワキの下などに生じることもあります。

おむつかぶれには、このカンジタ菌によるものと、単にアンモニアの刺激などによる接触皮膚炎の場合があります。一般的には皮膚のシワの奥まで赤くなっているのはカンジタ症で、シワの部分に変化がないときは接触皮膚炎といわれます。

しかし、実際には区別するのがなかなかむずかしく、やはり最終的には角層を削り取って、カンジタ菌の有無を顕微鏡で確認してから治療する必要があります。

治療の方法は、基本的に外用薬による治療で、比較的簡単に治ります。注意する点は、おむつかぶれ、乳児湿疹などとの区別が重要です。

乳児湿疹だと勘違いしてステロイド薬を安易に使うと、カンジタ症の場合は症状が悪化してしまいます。自己判断はせずに、必ず皮膚科や小児科の診察を受けてください。

食品系 お試しセット