外陰部カンジタ症

  • HOME > 外陰部カンジタ症

外陰部カンジタ症は男女でちがった特徴があります

外陰部カンジタ症は、男性では陰茎の亀頭から包皮内側にかけて、女性では膣粘膜部に症状がみられます。

男性の場合は、尿道に菌がついても排尿や洗い逃すことで、あまり感染することはありませんが、陰茎の包皮の部分を不潔にしていると、カンジタ感染症状が現れて、ひどいかゆみと痛みが出ることがあります。女性の場合だと外陰や膣の入り口付近にかゆみやほてるような症状になります。

また、おりものも変化し、白またはうす黄色のカッテージチーズ状や糊状になり、人によっては膣膜に白くこびりついた状態になることもあります。

もともと女性の膣内にはカンジタ菌が常在菌として、ほかの細菌群といっしょに付いています。それが抗生物質、副腎皮質ホルモン剤の内服などで、常在菌のバランスが乱れたり、あるいは妊娠、全身性疾患のために免疫が低下した時に、カンジタ菌が増殖すると考えられています。男性では包茎があるとなりやすいようです。

病変の部位から性行為の時に感染することも多く、性感染症のひとつに入っています。ですから、治療をする時にはパートナーといっしょに治療する必要があります。肛門周辺にもカンジタのような症状が出ることがありますが、肛門湿疹と間違えないようにしなくてはなりません。

食品系 お試しセット