口腔カンジタ症

  • HOME > 口腔カンジタ症

カンジタ菌は口腔に常在しています

口腔にもカンジタ菌は常在していますが、抗アレルギー薬、免疫抑制薬、抗がん薬、ステロイド薬の投与を受けている人などで生じるほか、口腔や義歯の清掃不良、唾液分泌低下なども関連します。

従来、お年寄りや免疫力が低下した状態の人がかかる病気と思われてきましたが、最近では単に唾液分泌低下や、義歯の清掃不良といった局所の要因でも発症することがわかってきました。

また、この病気は、乳幼児にも多く見られますが、生後間もない健康な乳児の場合は、放置しておいても自然に消えます。

口腔カンジタ症は、口腔粘膜、舌、歯肉が赤くはれ、表面に厚い白色苔状の膜が固着し、それを無理にはがすと、びらん面、出血面になります。飲食時に舌にヒリヒリとした痛みがあるのが特徴です。

ほかに義歯の下の粘膜が赤くなる、両側の口角が切れる、苦味や違和感を感じるなどの症状があります。抗真菌薬であるうがい薬、塗り薬、内服薬を使用することで一般にはよく効きます。また、日頃から舌を主体とした口腔粘膜の清掃を心がけましょう。

特に義歯の正しい清掃や管理、口腔乾燥がある場合には唾液分泌や口腔の保湿を促す口腔ケアが重要です。お年寄りでは、口腔カンジダ症を放置することで肺炎などの深部感染症を起こす危険が高まるため、注意が必要です。

食品系 お試しセット