丘疹性カンジタ症

  • HOME > 丘疹性カンジタ症

丘疹性カンジタ症はニキビなどと勘違いすることがあります

丘疹性カンジタ症は、新しいタイプの病気です。

口腔カンジタ症や、外陰部カンジタ症、乳児寄生菌性紅斑などは昔からあった病気ですが、最近、いままでには見られなかった形のカンジタ症が多数見られるようになったという報告があります。

今までのカンジタ症は指の間、ワキ、陰股部など汗のたまりやすい部位、擦れやすい部分を中心にして見られたのですが、最近はこうした部分だけでない皮膚にもカンジタ菌の感染が見られるようになりました。

その代表がこの丘疹性カンジタ症で、胸や背中などにコメ粒の半分くらいの大きさまでの赤いやや水っぽい、皮膚の表層が大小の角質片となってはげ落ちているボツボツがたくさん集まります。

一見あせもか湿疹のように見え、その治療をしても少しもよくならず、菌の検査を行って初めてカンジタ症であることが分かります。

どうしてこのような型のカンジタ菌が最近増加したかは、まだはっきりと分かっていません。

ただ、副腎皮質ホルモン外用剤の多用、洗剤やベビーパウダー、制汗剤などの使用と関係があるのではないかと考えられています。

この他にも、てっきりニキビだと思っていたらカンジタ症だったとか、タムシのようなカンジタ菌の報告もあり、これらもカンジタの菌の検査をして初めて分かるケースです。

食品系 お試しセット